大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

認知症の父がいる場合の相続【Q&A №218】


 相続

 母が他界しました。相続人は兄と私の二人です。私は遠方に住んでいるため相続に必要な書類は兄のほうでやってくれているのですが、相続分割協議書を作成してほしいとは言ってあるのですが、父が認知証のため後見人をたてる必要がありますが兄は協議書をつくりたくないようで私は遠方のため、銀行からの委任状を送るからサインしてくれと言われてますが、もしそれによって兄が私の取り分をごまかした場合、後で請求できますか。相続したお金は相続人の代表者の口座に一括で振り込まれ、その後それぞれの相続人に取り分けをすると銀行から聞きました。
 兄が認知証の父の取り分をそのまま自分の口座においとく可能性があります。借金等の負債があるか預貯金がいくらあるかなど何も教えてくれません。いっしょに住んでたので知っているはずなのですが。分割協議書がなくても後で問題が起きた場合、兄に請求することはできますか。

記載内容  銀行所定用紙に基づく預金の払い戻し 認知症の相続人

(ぺんぺん)


【相続人は3人では・・】
 質問では、相続人はあなたとお兄さんとなっていますが、認知症のお父さんがいるのであれば、お父さんも配偶者として相続人になります。
 これは認知症であろうと、成年後見人がついていようといまいと、お父さんが相続人であることは間違いありません。

【銀行所定の用紙による支払いの問題点】
 遺産分割協議書を作らずに、金融機関の指定する同意書などに署名し、実印を押し、かつ印鑑証明を添付して、金融機関に書面を提出すると、代表者の口座に預金全額が送金されてきます。
 この場合、お兄さんがあなたに分けるという金銭の支払いをしなかった場合、あなたとしてはお兄さん相手に訴訟や調停をするしかありません。
 仮に訴訟で勝訴しても、お兄さんが払い戻し分を全部費消してなくなったとすると、結局、約束されたお金は支払われないことになります。
 しかもお父さんが認知症だというのなら、その程度にもよりますが、原則として、成年後見人をつけずに同意書に印鑑を押したり、署名したりすること自体が法律的には無効です。

【本来するべきことをすることが必要】
 金融機関に提出する書面を作成するにせよ、遺産分割協議書を作成するにせよ、お父さんの成年後見人の選任申立てが必要不可欠です。
 なお参考までに言いますと、遺産分割に関して言えば、あなたやお兄さんが成年後見人に選任された場合は、相続に関してお父さんと利害が対立するので、成年後見人の選任とは別に第三者である特別代理人の選任が必要になります。
 結局、特別代理人とあなた、お兄さんの3者間で遺産分割協議書を作成し、その中であなたの取り分を明記しておくのが、一番望ましい方法でしょう。
 これならあなたの取り分も明記されているのですから、金融機関もあなたの分をお兄さんに支払うこともないでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ