大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

父が持っていた叔父名義の預金は遺産か【Q&A №41】


 父が亡くなり、父が管理していた預金の1つに、叔父名義の定期預金の証書と印鑑(父名義の預金の印鑑とは別)がありました。

 銀行に残高を確認したところ、父が亡くなってから1ヶ月少し経って解約されていました。
 その際に銀行で証書に「無効」の判を押されました。

 叔父の主張は、父が叔父の退職金として貯めていた預金で、自分で管理すると使ってしまうので父が管理していたと言っています。そんな話は誰もが初耳でしたが…。
 父は会社を経営しておりまして、叔父は従業員として働いていました。父が亡くなる3年程前に兄が継いで、叔父はまだ働いています。
 叔父の言い分が本当かどうかはわかりませんが、父が個人的に積み立てていたので、会社の帳簿にも載っていないと思いますし、贈与しますといった書類もありません。
 それに、そんな正当な理由がある預金なら、堂々と証書と印鑑を取りに来たら良いのに、知らない間に解約されていた事自体おかしいと思います。

このような場合、叔父には何の責任も問えないのでしょうか?

記載内容  預金の名義 遺産 不当利得

(りゅうこう)


【この預金は誰のものか】
 まず、この預金は一体、誰のものかというのが問題になります。
 お父さんが個人的に積み立てていたのであれば、お父さんのものだという可能性が強いのですが、疑問もあります。
 例えば、お父さんが自分(あるいは奥さんや子供)の名義にせずに、わざわざ叔父さんの名義で、しかも自分の使用している印鑑とは別の印鑑を使用しているのはなぜでしょうか。
 又、どうして叔父さんはその預金の存在を知ったのでしょうか(叔父さんの住所に銀行から通知が来たというなら、そのように叔父さんに通知が来るような預金を、どうしてお父さんがしたのかという問題に返っていきます)。
会社には退職金の規定があったのか、叔父さんの給料から何らかの金が天引きされていたのではないか、叔父さんが自分では管理できないどんな事情があったのか、お父さんと叔父さんとの間でどんな話があったのか・・・と聞きたいことが次々と浮かんできます。

 従って、質問に記載された内容だけでは、申し訳ありませんが、誰の預金かを回答することはできません。

【叔父さんに対する責任について】
 お父さんの預金を無断で払い戻ししたのであれば、刑法上の犯罪に問われる可能性がないわけではありませんが、このような事案で警察が喜んで動くとは考えにくいです。
 叔父さんと話し合って円満な話をすることをお勧めしますが、それができないようであれば、弁護士に依頼して、叔父さんに対して払い戻した金銭の返還を請求する手続きをするしかないでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ