大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

独身女性の相続対策【Q&A №533】


【質問の要旨】
独身で子もいないが、兄には相続させたくない

関連記事 独身 保険金 養子

【ご質問内容】
独身女性、子供はおりません。
昔大怪我を負わされた兄(子供あり)が唯一の兄弟です。
そんな訳で兄とは疎遠、一切関わり合いたくありません。
公正証書遺言で財産を元夫Aさんに遺贈し、その後の後処理をお願いすると記しました。
1/入院の際の保証人は兄以外には認められないでしょうか。
2/万が一の際の保険金受け取りが保険会社の規定で法定相続人とされてるのですが、兄に渡さない方法はないでしょうか。
3/万が一の際は兄に連絡が行って、死亡届は身内である兄が出さないとならないでしょうか。
阻止する方法はないでしょうか。
なくなった事を教えたくありません。
4/以上の事の解決策として、将来理解者を養子か養女、あるいは理解者との結婚(Aさんも含め)も考えています。
よろしくお願いします。

(悩めるA子)


【入院保証人については病院に聞く】
入院の際の保証人を誰にするかはその病院が決めることであり、法律にはなんらの定めもありません。
そのため、入院予定の病院にお聞きになられるといいでしょう
なお、通常は、親族でなくとも、知人などでもいいと思いますが、病院に聞けば簡単に教えてもらえることですので、電話等で確認されるといいでしょう。

【保険金受取人についても保険会社に確認する】
誰が保険金の受取人にするかはあなたが指定することができます。
ただ、保険会社との契約書(正確にいうと約款)では特に指定しない限りは、保険金の受取人は法定相続人とされ、又、受取人を指定する場合も「3親等以内の親族」と限定されているのが実情です(これは、被保険者を殺害する保険金詐欺等を警戒しているためです)。
そのため、今のままの状態でお兄さん以外の方(例えば前夫の方など)を保険金の受取人とするのは難しいでしょう。
どうしてもお兄さん以外の方を受取人にしたいというのであれば、あなたのおっしゃるように、養子縁組や再婚を検討される必要があるでしょう。

【死亡届は他人でもできる】
死亡届は親族でなくとも提出できます。
同居者、家主や地主、家屋管理人から成年後見人なども手続きができます(外部リンク:法務省「死亡届」)ので、お兄さんに手続きをしていただく必要はありません。

【養子縁組をすると兄には遺産はいかない】
養子縁組をした場合、その養子が法定相続人になりますので、法律的にはお兄さんには一切、あなたの遺産は行きません。
ただ、お兄さんはあなたの遺産が来るものと思っておられることも考えると、養子とお兄さんとの間で事実上のトラブルが発生することもあり得ます。
現在、遺言書を作成されているようですが、もし、その中に遺言執行者の指定をしていないなら、弁護士を執行者に指定しておき、あなたの遺産問題についてはその弁護士にトラブル解決をしてもらうことで、養子にいやな思いをさせないという配慮が必要でしょう。

(弁護士 大澤龍司)

長年相続登記をしていなかった土地の名義変更【Q&A №356】


 約20年前に祖父が死亡し相続登記を行っていない不動産があります。
 相続人は祖父の配偶者と長女(実子)と養子です。
 長女と養子は昔の慣わしで結婚+祖父との婿養子として縁組をしていましたが、離婚後に離縁しています。
 長女(実子)に相続登記を行う場合、どのような書類が必要なのでしょうか?
 相続権放棄ではなく遺産分割で全て長女へ分割すればいいのでしょうか?

記載内容  養子 離縁 相続登記 土地

(Hide)


【相続人は誰か・・離縁した養子は相続人ではない】
 遺産分割については、まず相続人は誰かが問題となります。
 誰が相続人になるかは、相続開始時点(被相続人であるお父さんが亡くなった時点)で親族関係で判断します。
 婿養子の方は被相続人の生前に離縁していますので、相続人にはなりません。
 そのため、本件の場合、長女と配偶者のみが相続人になります。
 登記名義を変更するもっとも簡単な方法は、長女と配偶者で遺産分割協議書を作成(作成方法は、「相続コラム:遺産分割協議…話し合いによる遺産の分割」を参照)し、後は司法書士に依頼して、登記の手続きをするといいでしょう。なお、便法として、他の相続人であるお母さんが既に十分に遺産をもらっているので、あなたの単独登記をしてもよい、という同意書的な書面ですますことができる可能性もあり、昔はこの方法をよく使っていましたが、最近は使われていないようです(この点も司法書士に確認されるといいでしょう)。

【相続放棄は難しい】
 相続放棄は家庭裁判所への申立(申述)という手続きが必要です。
 この放棄の手続きは、お祖父さんの死亡を知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所へ申し立てをする必要があります。
 今回は祖父が亡くなってから20年以上も経っていますので、相続放棄の手続き(家庭裁判所への申述)はできません。

確実に子どもに家を相続させるには【Q&A №323】


  •  都内の一軒家に住んでいます。資産価値は分不相応と思われます。
     現在、毎月のローンを払っていますが、死亡時は保険にてローンの残額が相殺されます。
     家の名義は自分ですが、死亡に伴い妻になるかと予想されます。
     子供は二人います。
     自分の死亡後の事ですが、もし仮に妻が再婚し、家の名義を再婚相手に書き換えたり、共同名義にしたりすることは可能でしょうか?
     その後、その家は自分の子供に相続されるのでしょうか?
     再婚相手に子供がいた場合はどうなりますか?
     また、自分の子供に確実に相続する方法はありますか?

記載内容  遺言 再婚 養子

(ふじ)


【自分の死亡後の事ですが、もし仮に妻が再婚し、家の名義を再婚相手に書き換えたり、共同名義にしたりすることは可能でしょうか?】
 ご相談にありますとおり、あなたの死亡後に奥さんが家を相続すれば、それはもはや奥さんの財産であり、再婚相手に譲ることも自由です。
 確実に子どもさんに相続されるという保証はどこにもありません。
 奥さんに悪気はない場合でも、将来お金に困って売却するという可能性もないわけではありません。

【その後、その家は自分の子供に相続されるのでしょうか?】
 家が再婚相手の名義になった場合、その再婚相手が子供のないままに死亡した場合には、家の名義は、再婚相手の配偶者(つまりあなたの奥さん)と再婚相手の両親になります。
 両親がいない場合は、あなたの奥さんと、再婚相手の兄弟が相続人になります。
 あなたの子供は、再婚相手の養子にならない限り、家を相続することはありません。

【再婚相手に子供がいた場合はどうなりますか?】
 再婚相手が死亡した場合、あなたの奥さんと再婚相手の子供だけが相続人となり、家を相続します。
 なお、再婚相手があなたの子供を養子にした場合には、あなたの子供も相続人になり、家をその法定相続分の限度で相続します。

【自分の子供に確実に相続する方法としては、遺言を利用する】
 自分の子供に確実に相続するために遺言を利用することが可能です。
 まず、遺言で子供たちに家を相続させることにします。


 次に、奥さんには遺留分(4分の1)があるので、その分に相当する全遺産の4分の1を預貯金などで奥さんに与えることを遺言に記載すれば、家はあなたの子供名義になります。
 次に、一旦は奥さんの単独名義にしておきたいというのなら、奥さんが単独で家を相続すると遺言しておき、《家は自分の子供達に相続させるようにしてくれ》とも遺言しておくしかないでしょう。
 しかし、《家は自分の子供達に相続させるようにしてくれ》というような遺言の文言は、あくまであなたの希望に過ぎず、奥さんに対する強制力を持ったものとはならないことに注意する必要があるでしょう。

★登記されなかった遺贈は誰のものか【Q&A №253】


 Aは2人姉妹の次女ですが、Aの母は自分名義の不動産を長女B(Aの姉)に相続させる旨の遺言を残し死亡しており、その所有権移転登記前にBも亡くなってしまいました。
 また、Aの父は母と離婚した後、血の繋がっていない2人を養子とする養子縁組をし、今は死亡しています。
 Bは独身だったため、配偶者も子もいません。
 この場合、母名義の不動産は遺言により一旦亡くなった長女に相続されたので、長女の所有財産として第三順位の相続人であるAと同様、父の養子2人も相続権を持つのでしょうか?
 それとも母の相続財産としてAのみが取得するのでしょうか?

 また、長女名義の別の不動産も1つあるのですがこれについても父が離婚後に養子にした2人は長女の兄弟姉妹としてAと共に相続権を持ちますか?
 またこの場合養子2人の相続分の合計はAの相続分の2分の1になるのでしょか?ご回答宜しくお願い致します。

記載内容  遺贈 養子 半血 全血

(るい)


【相続登記がなくても、相続で所有権は移転している】
 遺言で、「長女B(Aの姉)に相続させる」ということであれば、相続登記をするか否かに関係なく、Aさんのお母さん名義の不動産は長女Bさんのもの(所有)になります。
 遺言は死亡によって効力を発するものだからです。
 そのため、移転登記がされないままに、長女のBさんが死亡したとしても、Bさんがその土地の所有権を有しており、Bさんの遺産ということになります。
 そのため、この不動産は、あくまで長女のBさんの遺産として、その相続人に引き継がれることになります。

【養子も長女Bの相続人である】
 長女Bの相続人は、次の順序で決定されます。

① 第1順位・・配偶者及び子
 ② 第2順位・・父母
 ③ 第3順位・・兄弟姉妹(以下、単に「兄弟」と表記します。)

 本件質問の場合、長女のAさんには、第1順位及び第2順位に該当する人がいないようですので、兄弟が相続人になります。
 養子であっても、お父さんの子である以上は、Aさんとともに、兄弟として相続人となります。
 結局、お母さん名義の不動産は遺言により長女Bに相続されて、長女Bの遺産となっており、そのBさんが死亡されたのであれば、第三順位の相続人であるAと同様、父の養子2人も兄弟として相続権を持つという結論になります。

【半血の兄弟の相続分は、全血の半分である】
 ただ、養子であってもお母さんを異にする兄弟(以下、半血の兄弟と呼びます)である以上、相続分は父母を共通にする兄弟(以下、全血の兄弟といいます)の2分の1です。
 この扱いは、遺贈された財産だけでなくそもそも長女(A)が有していた財産についても同じになります。
 その結果、各養子の相続分はそれぞれ4分の1ずつになりますので、その合計はAの相続分(2分の1)と同じになります。
 ただ、半血の兄弟の相続分が、全血の兄弟の半分という点については批判が多く、最高裁で見直す判決が出る可能性があるという情報もあります。

★異母兄弟との相続関係【Q&A №227】


 兄妻の遺産相続について

 兄弟で2世帯同居していましたが、兄夫婦には子供がいませんでした。妻は郵便口座にお金を残したまま夫より先に死去しましたが、数年後に夫は妻の口座からお金をおろさないまま死去しました。妻が亡くなって大分経ちますが、今現在も郵便口座はそのままになっています。
 弟夫婦の妻は既に死去しており、子供たちは結婚し独立しています。兄弟二人は互いの妻が亡くなった後に、養子縁組して弟は兄の養子になり、兄と二人暮らしをしていましたが、数年後に兄が死去してしまいました。兄弟ですが養子縁組をしていたので法律上は親子になりますが。
 兄の妻の両親は死去、兄の妻には実の姉と腹違いの兄がおりましたが、実の姉は死去しており子供はいませんでしたが養子が一人います。腹違いの兄は生存しています。
 このような場合、兄と養子縁組をした弟は、亡き兄の養子になったということは、亡き兄の亡き妻の遺産を一人で受け取ることになるのでしょうか?
 それとも、兄の妻の姉の養子と腹違いの兄との3人で分配されるのでしょうか?その場合の分配率はどうなりますか?

記載内容  異母兄弟 代襲相続 養子

 

(姪っ子)


【相続関係の整理】
 今回の質問は、お兄さんより先に死亡したその配偶者(妻。以下、被相続人といいます))の遺産の相続に関するものです。
 この被相続人の相続関係を整理しますと、
・配偶者・・お兄さん
・直系尊属・・既に死亡
・兄弟・・実のお姉さんと異母兄弟のお兄さんがいた。
 但し、実のお姉さんは既に死亡しているが、その子供(養子)がいる。
ということになります。

【配偶者と兄弟間の相続分について】
 上記のような相続関係では、配偶者であるお兄さんの相続分は4分の3であり、兄弟の相続分は合計で4分の1になります。
 ただ、お兄さんが死亡されたということであれば、被相続人(お兄さんの妻)の遺産のうち、お兄さんがもらう分(4分の3)は、その養子である弟さんが全部取得することになります。

【兄弟間の相続分・・代襲相続と異母兄弟】
 なお、実のお姉さんは死亡していますが、その子供さん(養子)が代襲相続しますので、兄弟としての相続人は実のお姉さんの子供(養子)と異母兄弟のお兄さんになります。
 ただ、異母兄弟というのであれば、その相続分は、父母を共通にする兄弟の半分の相続分となります。
その結果、実のお姉さんの子供(養子)の法定相続分は12分の2、異母兄弟のお兄さんの法定相続分は12分の1になります。

【異母兄弟の相続分が違うことについては議論がある・・】
 なお、異母兄弟の相続分が少ないことについては議論があり、法の下の平等に反するという見解もあるところです。
 しかし、現在の裁判所の扱いでは、前項に述べたとおり、異母兄弟は半分という扱いで統一されています。

養子縁組の取消について【Q&A №146】


 両親を亡くし、身寄りのなくなった重度知的障害を持つ甥の成年後見人をしていました。その甥は、私の姉が残した財産を相続しているのですが、1年前に養子縁組をしましたので、いずれその財産は、私か私の娘が相続すると思うのですが、それに嫉妬する親戚がおります。
この親戚と別件でもめていまして、裁判になるかもしれません。このように、何かでもめていたりすると、養子縁組は裁判所が解除することもあるのでしょうか。1年前の養子縁組の際も、当方の財政状況、職歴、学歴など細かく聞かれました。知り合いが、今別件で裁判になったり、親戚が養子縁組に反対したりすると(嫉妬から)、養子縁組を解除させられるかもしれないと言ったこともあり、不安になっております。

記載内容  養子 

(たか)


【本体は相続問題ではありませんが…】
 今回の質問は相続に少し関係しますが、本体は、成年後見人と被後見人との間の養子縁組の取消の問題です。
 そのため、簡単に回答します。

【養子縁組には裁判所の許可が必要】
 成年後見人が被後見人を養子にするには、家庭裁判所の許可が必要であり、この許可がないにもかかわらず、養子縁組届出がされていたときには、養子の親族から縁組の取り消しを請求することができます。
 これは、成年後見人が不正な財産管理を隠したりする目的で養子縁組とすることなどを防止するためです。

【詐欺等で縁組の取消はできるが・・】
 養子縁組に際して、詐欺や強迫があった場合にも縁組の取消を請求することができますが、「いずれその財産は、私か私の娘が相続すると思うのですが、それに嫉妬する親戚」がいるという状況は、詐欺や脅迫には該当しません。
 また、「別件で(親戚と)裁判になったり、親戚が養子縁組に反対したりすると(嫉妬から)」というような理由で縁組は取消せません。
 なお、親戚の方が、財産目当ての養子縁組であるなどと言い出す可能性があるかもしれませんが、そのような理由でも縁組の取消はできません。
 ただ、成年後見人としては当然のことですが、被後見人の金銭や財産の移動等の収支関係をきっちりと管理されていれば問題ありません。

養子の相続権【Q&A №100】


 伯母が痴呆により、私の実父が成年後見人をしています。伯母は配偶者も亡くなり、子供もおりません。伯母には父を含め姉、妹と兄弟が3人おります。伯母が亡くなった場合、この3名の兄弟が相続をするものと考えます。ところが、3名中の伯母の妹はその相続権を放棄するつもりです。その理由は、養子縁組をした娘(他に子はおりません)に不遇に扱われており、伯母の財産にも意見するようになったためです。さて、この伯母の妹が伯母より先に死去した場合、伯母の財産の相続権は養子であるこの娘に発生しますか?またその割合は法的にあどうなのでしょうか。よろしくお願いします。

記載内容  養子 代襲相続

(ひろ)


【養子も、実の子と同様に相続します】
 養子になった場合、実の子と同様に扱われます。
 そのため、相続においても、養子と実の子はなんらの区別がありません。
 養子も相続人になりますし、代襲相続も可能であり、法定相続分についても差はありません。

【伯母さんより、その妹さんが先に死んだ場合の相続・・代襲相続】
 今回の最初の質問は、「この伯母の妹が伯母より先に死去した場合、伯母の財産の相続権は養子であるこの娘に発生しますか?」というものですが、答えは《発生します》です。
 伯母さんは配偶者もなく、又、子もいなかったのですから、伯母さんのお父さんやお母さんなど(正確に言うと直系尊属)がいないと、伯母さんの兄弟が相続人になります。
 ただ、妹さんが伯母さんより先に死んだ場合には、既に死亡している者が相続人になることはできません。
 この場合には、その妹の子(実の子も、養子も)が代わりに相続することになります(これを代償相続といいます)。

【相続割合は3分の1で、実子と養子の間に差はない】
 次の質問は「その割合は法的にどうなのでしょうか?」というものです。妹さんの子がその養子一人であれば、その養子の方は、妹さんがもらうはずであった同じ割合(3分の1)をもらうことになるというのが回答です。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ