大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

相続の権利があるのか?【Q&A №590】


【質問の要旨】
兄と叔父が養子縁組した場合、姪の私に相続権はあるのか?

記載内容  叔父 養子縁組 遺産相続の権利

【ご質問内容】
 はじめまして。お世話になります。
 法律に疎くご相談させて頂ければ幸いです。
 私には60代の結婚経験の無い独身の叔父がおります。(子供なし)
 私は兄と2人兄弟でその兄と叔父が養子縁組みをすることになりそうです。
 その場合、姪である私に遺産相続の権利はあるのでしょうか?

 叔父の身寄りは私の兄とその妻、息子、私の夫と息子のみです。
 宜しくお願い致します。

(ハルミ)


(敬称略で記載しております。ご了解ください)

【現在の叔父さんの相続人は、お兄さんとあなたです】
 はじめに、一般的に相続が発生する場合、その相続人が誰になるかについて簡単に整理しておきます。
 まず、法定相続人は2つの関係で考える必要があります。

1)配偶者関係
 被相続人に配偶者がおれば、その配偶者は常に相続人になります。

2)子や尊属、兄弟関係
 配偶者以外の者の中では、
  ①第一順位が被相続人の子
  ②第二順位が被相続人の直系尊属(父母等)
  ③第三順位が被相続人の兄弟姉妹となります。
 上の順位の者がおれば、後順位の者は相続権がありません。

【兄が養子になる前の相続関係】
 あなたの叔父については、配偶者もおらず、又、子もいないということですので、その状態で死亡した場合、前項の1)の配偶者がおらず、又、2)の①も②もいない状態であると思われますので、③の兄弟姉妹(例えば、あなたのお父さん)が相続人になります。
 ただ、兄弟が叔父より先に死亡していた場合には、その子が替わって(代襲といいます)、相続人になります。
 本件であなたの父が先に死亡されているのであれば、その子であるあなたの兄とあなたが(代襲)相続人になります。
 参考までに言えば、あなたの兄の配偶者やあなたの配偶者はいずれも(代襲)相続人にはなりません。

【養子縁組をすると、叔父さんの相続人は養子のみ】
 養子縁組をした場合、養子は実子と全く同じ扱いを受け、子としての地位を獲得します。
 そのため、叔父さんとお兄さんが養子縁組をすると、叔父さんに前記2)の第一順位の子がいることになります。
 この結果、相続人はあなたの兄のみであり、あなたには相続権はなくなります。

 お兄さんが叔父さんの養子になった場合に、あなたが叔父さんの財産を相続するためには、
  ①あなたも叔父さんと養子縁組をして、その子として叔父さんの法定相続人となる
  ②叔父さんに遺言を書いてもらう
 という2つの手段があります。

 ただ、「あなたに遺産すべてを相続させる」との遺言を書いてもらったとしても、養子であるお兄さんが遺留分減殺請求をすると、お兄さんにも遺産を渡す必要が発生することがありますので、この点、ご注意ください。

(弁護士 岡井理紗)

弟の嫁が養子縁組をさせようとしている【Q&A №494】


【質問の要旨】
弟の養子縁組をとめたい

記載内容  養子縁組 無効 判断能力

【ご質問内容】
2人姉弟ですが、病身の弟は子供がおらず嫁がニートの実弟を私の弟の養子にしようとしています。
弟は余命わずかで判断能力はありませんが書かせれば文字は書けます。
最近両親が相次いで亡くなり、弟がなくなれば僅かな遺産はわたしが引き継ぐことになります。
しかし養子縁組が認められれば、嫁兄弟に半分渡す事になります。
病身の弟に代わり、両親の葬儀もわたしが行ない、預金も凍結中のためすべて自分で負担しました。
両親存命中もほとんど交流のなかった嫁の行動に納得できず養子縁組不受理にしたいのですが。
ちなみに嫁は当時事実婚していた自分の父親の死ぬ間際に、数十年前離婚した母親と勝手に復縁させ年金を搾取したことがあります。
父親の内縁妻は無理矢理追い出しました。
勝手に養子縁組するなどた易いことのようです。
調停を申し立てて勝ち目はありますか?
申し遅れましたが、両兄弟ともに40代です。

(はるか)


【他人の養子縁組を止める方法はありません】
養子縁組をするかどうかは弟さんが決めることです。
兄弟姉妹であっても他人ですので、弟さんの養子縁組を止める権限はなんらなく、あなたが弟さんの養子縁組を止めることはできません
いずれにせよ、あなたとしては弟さんの養子縁組に関与する立場にない以上、裁判所や役所に何を申し立てても無関係の人間であるとして聞き入れてもらえないと思います。

【判断能力がない場合、養子縁組は無効となる】
養子縁組をするには、一定の判断能力(意思能力)が必要です。
もし弟さんが判断能力を欠くような場合には、養子縁組の届け出は無効になります

【養子縁組が相続に及ぼす影響】
お父さんとお母さんが既に死亡されていますので、その遺産は法定相続人とあなたに相続されています。
しかし、弟さんが死亡した場合、その段階で養子がいなければ、弟さんの遺産(その中にはお父さん及びお母さんの遺産も含まれます)の4分の3が弟の配偶者に相続され、残りの4分の1があなたの方に来ます。
もし、弟さんの死亡時点で養子がいれば、弟さんの遺産は配偶者と養子が各2分の1で相続しますので、あなたには弟さんの遺産は来ません。
養子がいることであなたにくる弟さんの遺産についてのあなたの増減分は4分の1であることにご注意ください

【相続の関係では養子縁組の効力が問題となる】
あなたとしては、弟さんの遺産分割の段階で、
① その養子縁組は弟さんが判断能力を欠いており、無効である。
② 養子は弟さんの遺産を相続できない。
③ 従って、弟さんの遺産は、その配偶者が4分の3を取り、残りの4分の1があなたに相続される。
と主張することも可能です。

【現時点で将来の紛争に備える】
ただ、養子縁組の無効を主張し、弟さんに判断能力がなかったことを証明するのはあなたです。
そのため、現段階から弟さんの医療や判断能力に関する情報は収集されておくといいでしょう
もちろん、弟さんの医療記録などを生前にあなたが取得することはできませんが、次善の策として、弟さんの健康状態や判断能力に関する状態を現時点で可能な限り聞き取っておくとか、現在の入通院している医療機関や入所通所している介護施設を確認しておくなど、将来の問い合わせ先を把握しておくなどの努力をされるといいでしょう。

(弁護士 大澤龍司)

養子縁組前に生まれていた子の代襲相続【Q&A №414】


 7年前に祖父が他界したとき(父:長男は既に他界)、遺言があり、遺産は、父の弟に全て渡す(ただし祖父の後妻に毎月50万支払条件)ことになり、その他の相続人(母、父の弟の妻(養子になっていた為)、父の妹、父の子供私と姉)は遺留分をもらっています。
 今回祖父の後妻が亡くなり、相続分割について話し合いがおこなわれています。
 後妻の養子には父、母、父の弟、弟の妻が入っていたのですが、父が既に他界していることから相続は、母、弟、弟の妻の3人で父の子供の私と姉には相続出来ないと言われています。弟夫婦は既に祖父の遺産を全て受けているのでせめて母に少しで多く残す方法は無いのでしょうか。
 祖父、後妻の財産の管理は弟夫婦が全ておこなっており、遺産分割の話し合いも弟夫婦に縁のある税理士が間に入りアドバイスをしているようです。

記載内容  養子縁組 特別寄与 生前贈与

(ヒューマン)


【養子縁組の前に生まれていた孫は代襲相続できない】
 質問のケースでは、あなたのお父さんは、被相続人であるお祖父さんの後妻さんと養子縁組されています。
 ところで、養子縁組をされた後にあなたとお姉さん(以下、あなた達といいます)が生まれたのであれば、あなた達は被相続人であるお祖父さんの直系卑属になりますので、代襲相続ができます。
 しかし、養子縁組前に生まれていたのであれば、あなた達は被相続人であるお祖父さんの直系卑属ではなく、代襲相続はできません(※後記参照条文:民法887条2項但書参照)。

【法定相続分を動かす手段は特別受益か特別寄与ぐらいしかない】
 もし、あなた達がお父さんとお祖父さんの後妻さんとの養子縁組の前に生まれていた場合には、相続人はあなたのお母さんと(お父さんの)弟さん夫婦の3人となり、その法定相続分は各3分の1です。
 ただ、後妻さんが弟さん夫婦に対して生前贈与をしているというような《特別受益》に該当する事実があれば、お母さんの相続分を増加させることが可能になります。
 又、あなたのお母さんが、後妻さんの財産を増加させ、あるいは減少を食い止めたというような事情があれば、《特別寄与》として寄与分を主張できることがあります。
 それらに該当するような事情があるかどうか、相続に詳しい弁護士に相談されるといいでしょう。

【相続分の範囲内での解決しかない】
 後妻の相続では遺言も書かれていないようですので、法定相続分通り、①あなたのお母さん、②お父さんの弟、③弟さんの妻の3名がそれぞれ子の立場で3分の1ずつ後妻の遺産を相続します。
 そして、「祖父の相続の際に多く遺産を相続しているから」という事情はお母さんの相続分を増やす理由にはなりません。道理としてはよくわかるのですが、そのような事情を法律上反映する制度が我々の知る限りありません。
 その意味で、大変申し訳ない回答ではありますが、相続分の範囲内で可能な限りのご意向を実現するほかないように思われます。

《参照条文》  民法第887条:(子及びその代襲者等の相続権)
 1.被相続人の子は、相続人となる。
 2.被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
 3.前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

養子縁組で相続関係はどう変わるのか。【Q&A №345】


 昨年4月に祖母が亡くなりました。
相続人としては実子2人(私の母・叔母(妹))と養子(私の父:婿養子のため養子縁組しておりました。)の計3人になると思います。
 祖母は負の財産があり、私の母は相続放棄しました。叔母も放棄する予定です。父は既に他界しております。
 この前、税務署から連絡があり、私と弟が相続人であるから、相続する意志があるのかを聞かせて欲しいとの事でした。
 私の母が相続放棄しているので、その子(祖母にとっての孫)の私達には相続の権利はないと思っていたのですが、税務署の言い分は私と弟は亡くなった父の代償相続人だという事でした。

 家庭裁判所に問い合わせると、父の養子縁組より前に出生している私と弟は代償相続人にはなり得ないと返答を頂きました。(放棄手続きについても、相続権がないのだから放棄の手続きをとっても受理されないだろうとも言われました。)  その旨を税務署に伝えると、祖母と血の繋がりがあるだとか、放棄しない・できないのであれば相続を承認したとみなすと一方的に告げられて非常に困っています。

 そもそも私と弟に相続権があるのか(当然あっても放棄します)、またもし相続権がないのであれば税務署にどのような形で通告すればよいのか、アドバイスを頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

(無礼な税務署職員)


【結論から言えば、家庭裁判所の見解が正しい】
 結論から申し上げますと、家庭裁判所の見解が正しいです。
 税務署にも納得して頂ける内容にするため、民法の条文と文献、判例を記載した回答にしました。
 難しいかもしれませんが、ご理解ください。

【子の代襲相続に関する民法の規定】
 民法の代襲相続の規定は次のようなものです。
《民法第八百八十七条  被相続人の子は、相続人となる。
2 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。》

 この条文の下線部分は、「被相続人の直系卑属でない者は代襲相続人になれない」という意味です。

【直系卑属でない者は代襲相続できない】
 父さんが被相続人の養子ですので、子になります。
 問題は、そのお父さんの養子縁組前の子供であるあなた方が、被相続人の直系卑属にあたるかどうかです。
 さきほど記載した民法887条2項の但し書き(上記の下線部分)は昭和37年の民法改正で新設された条文であり、「もっぱら養子の縁組前の子を相続から除く」目的でさだめられたものです(参考文献:有斐閣『新版 注釈民法(26)』247頁6行目以下。図書館などでこの本を探してご確認ください)。

【養子縁組前の子は直系卑属にならない】
 そうすると、問題は、養子縁組前に生まれた養子の子が被相続人の直系卑属になるかどうかという点に絞られます。
 この点については、養子縁組前に生まれた養子の子は、被相続人との間で血族関係をもたない、すなわち直系卑属にならないということが、古くからの確定した裁判例です(大審院判決昭和19年6月22日民集23巻371頁等。なお、これ以外にも判例がありますが、前記『注釈民法』に記載されていますのでご参照ください)。

【養子縁組前の子は代襲相続しない】
 以上のとおりであり、結局、あなた方は縁組前の子であるので、被相続人の直系卑属にはなりません。
 そのため、民法第887条2項の但し書きによりあなた方は代襲相続人にはならず、被相続人であるお祖母さんの相続をすることはありません。
 税務署にはこの回答を印刷してお見せするといいでしょう。

義理の母も相続するのか【Q&A №337】


 旦那(三男)他界して一年過ぎ、
私67歳・長男息子夫婦・孫中学生2人 で息子夫婦と暮らしております。孫もこれからお金が掛かる年齢ですので質問してみました。宜しく御願い致します。

 義理の母の入院にあたりお世話などに病院に行ってはいるのですが入院費用を折半してと義理の長男夫婦から言われ入院代を兄弟(長男次男(三男私の旦那で他界)) 娘での折半に含まれるべきか??病院でのお世話は継続しますが。私自身、息子夫婦に面倒みてもらってるのもありますし金銭的にギリギリです。

 又、義理の父が亡くなった時は私の旦那は相続してませんし義理の母が亡くなった時、私は相続権はありますか?無いと記憶してますがあるのでしたら放棄しようと思っています。

記載内容  義理の母 養子縁組 扶養義務 相続放棄 代襲相続

(モコモコ)


【義母の相続人にはならない】
 ご主人が先に亡くなり、その後にお義母さんが亡くなった場合、あなたはお義母さんの相続人にはなりません。
 あなたの息子さんが、ご主人の代襲相続人として、お義母さんの相続人になります。

【義母の入院費用の支払い義務はない】
 扶養義務を負うのは、直系血族と兄弟姉妹です。
 あなたのご主人はお義母さんの子供であり、お義母さんを扶養する義務がありましたが、あなたはお義母さんの子供ではありませんので、扶養義務はありません。
 従って、あなたが入院費の支払いを拒否してもなんら違法ではなく、義務違反でもありません。
 参考までにいえば、義理の長男夫婦は、お義母さんの直系血族になり、又、あなたの子供さんも同様に直系血族になりますので、お義母さんを扶養する義務があります。

【あなたの子供さんの相続放棄について】
 あなたの子供さんはお義母さんの遺産についての法定相続人(代償相続人)です。
 従って、子供さんらが相続放棄をしたいのなら、家庭裁判所へ相続放棄の申述手続きをする必要があります。
 相続放棄は相続を知って3ケ月以内にする必要がありますので、期間が過ぎないようにご注意ください。

長年暮らした父の再婚相手は相続できないか【Q&A №261】


 私(現在60代)が20代の頃に父が再婚し、兄・私・妹は実の母と変わりなく40年間義母と生活してきました。父が2年前になくなり、昨年12月に義母がなくなりました。
 義母が亡くなってから、義母の遺産相続には養子縁組が必要だったと知りました。さらに、義母には父と再婚する前に子供(男性・現在50代)がいたことがわかりました。
 義母と息子は40年間音信不通状態でした。
 義母は生前遺産は私たち兄弟でわけるよう言っていましたが、遺言状はなく、法律的には母の子供に全て(父の遺産も含めて)相続されてしまうのでしょうか?
 父名義の土地の事もあり、義母の息子の所在を探してもらい、連絡をしたのですが、本人(息子)ではなく第三者が話し合いを求めてきています。息子は出てこない場で、第三者との話し合いをしなければいけないのでしょうか?
 私たちは遺産を1円も請求する事はできないのでしょうか?

記載内容  義母の相続 再婚相手 養子縁組 第三者との交渉

(60代女性)


【お父さんの遺産は2分の1相続できる】
 今回の質問では、お父さんとお父さんの再婚相手(ここではあえて義母とお呼びしますが)の2つの相続が問題になります。
 今回はお父さんが先にお亡くなりになっていますので、まずお父さんの遺産分けが問題になります。
 お父さんお遺産については、配偶者である義母が2分の1、あなた方兄弟が(全員合わせて)2分の1の相続分が存在します。
 そのため、お父さんの遺産については、土地や建物の不動産、預貯金等の全遺産について、あなた方兄弟も2分の1の相続権を主張することができます。
 従って、遺産を1円も請求できないわけではありません。

【義母の相続はできない】
 しかし、義母の遺産の相続については、あなた達兄弟全員が相続する権利を持っていません。
 お父さんが再婚した場合、お父さんの連れ子であるあなた方は当然には義母の子供にはなりません。
 義母の子になるには、義母とあなた方との間で養子縁組が必要ですが、今回の質問の場合、義母との養子縁組がされていません。
 そのため、たとえ長年、生活を共にした場合でも、親子関係がない以上(戸籍上の子でない以上)、相続することはできません。
 従って、義母の遺産については、義母の子が単独で相続することになります。

【必ずしも第三者と話をする必要はありません】
 義母の息子さんの代わりに第三者が話し合いを求めてきているということですが、その第三者とはどのような資格を持っているのでしょうか。
 弁護士のように法律問題を交渉する資格を持っている人であればともかく、それ以外の人については必ずしも交渉相手にする必要はありません。
 但し、とりあえずは、相手方との交渉の窓口をひらき、その第三者の言い分を聞いて、その内容が妥当なものであれば、本格的な交渉を開始するというのも一方法です。逆に、相手方の主張が妥当なものではない場合には、早期に交渉を打ち切り、遺産分割調停等の手続きの方向を検討されるといいでしょう(相手方の言い分が妥当かどうかについては、是非弁護士と相談されるといいでしょう)。
 調停は中立の立場である調停委員が紛争を仲介してくれる手続で、弁護士に依頼せずともご本人で出席される方も大勢いらっしゃいます。裁判所というだけであまりよい響きではないかもしれませんが、話し合いがうまく行かない場合には検討されることをお勧めいたします。

★遺留分割合の計算【Q&A №241】


 
 被相続人         A
 Aの長女          B
 Aの養子(長女の夫)    C (相続調停中に死亡)
 B Cの長女         D  (他家に嫁ぐ)
 B Cの二女         E (他家に嫁ぐ)
 Aの二女         F
 Aの三女         G (私は Aの三女 Gです)

 AはBCに1億円相当の不動産を2人に等分に相続させる旨の一部遺言を遺す。
 遺産は他に 400万の預金 300万の現金を遺す。
 Aの死亡後、 相続調停中 9ヶ月後 Aの養子Cが死亡した。
 D, EはB,Cの子供ですが、 B,Cが養子縁組する25年前に出産した子供です。

以上の状況で下記の3点を教えて頂きたく メール致します。
 1. Aの子供 二女F  三女Gの遺留分計算方法
 2. Cの死亡後、 Aの遺言相続はD,Eに承継されるのか
 3. FGからCへの遺留分減殺請求はすでに送付済であるがD,E対しても遺留分減殺請求を送付しなければならないのか?

 以上 よろしくお願いいたします。

記載内容  養子縁組 数次相続

(そらいろ)


【質問1・・遺留分の計算】
 遺留分について非常によく勉強され、整理されているように思われます。
 今回の被相続人Aさんの相続人は3人の娘(B・F・G)と養子であるCの4人です。
 それぞれの相続分は本来4分の1ずつであり、遺留分はその2分の1ずつです。
 上記のことから、財産のほとんどがBとCに遺贈された場合の遺留分は次の通りとなります。
F・・・8分の1(4分の1×2分の1)
G・・・8分の1(4分の1×2分の1)

【質問2・・D・Eの相続】
 Cは相続に関し調停中に亡くなられたとのことですので(このような場合を数次相続と呼びます)、Cを相続するB・D・Eが、Cの相続分を法定相続割合に応じて引き継ぐことになります。
 今回は、Aの死亡後にCが死亡したという順序ですので、代襲相続ではなく、配偶者も相続人になる通常の相続になります。
 この点はB・Cの養子縁組前にD・Eを出産した場合でも変わりません。

【質問3・・遺留分減殺請求を受けた地位も引き継ぐ】
 今回はD・EがCの地位を引き継ぐ結果、D・Eは「遺留分減殺請求を受けた地位」も引き継ぐことになります。そのため、法的には、改めて遺留分減殺請求の通知を送らなくとも、請求権が失効するわけではありません。
 ただし、実際上はD・Eを紛争(あるいは調停)に巻き込む必要が出てきますので、念のためにD・Eに対し遺留分減殺請求を通知し、紛争・調停の当事者であることを明確にしておく必要があるでしょう。

 

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ