大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

使途不明金問題の被告の反論について【Q&A №629】

【質問の要旨】

使途不明金の主張立証責任

記載内容   使途不明金 引き出し  返還

【ご質問内容】

亡くなった母の相続の際に、母と長年同居していた兄が通帳の開示を拒んでいました。

怪しいと思い、取引履歴を取り寄せたら予想通り多額の使途不明金の存在がありました。

その総額は、母が亡くなる5年前からで4000万にもなります。

引き出しは一度に20万~50万で、引き出し額の合計が100万になる月もありました。

ATMを使えない母でしたので、引き出し行為を行ったのは兄があっさりと認めました。

一方で、「母から頼まれて引き出した。引き出したお金は全部母に渡している。

その後、母が何に使ったのかは知らない。」と言っています。

先日、役所で開催された法律相談で弁護士に相談したら「兄が母親に渡したと言うのであれば、母親が受け取っていない事をこちらが立証しないと無理です。従って裁判では返還を求めるのは無理に近い。ほとんどの裁判で、被相続人に渡したと言って逃げることができてしまっている。」と言われました。

今回、初めて相続に強い弁護士さんの質問コーナーを発見し、ご質問させて頂きました。

 

(フルホビ)

 

 ※敬称略とさせていただきます

【訴訟で争われる典型的なケースです】

今回の質問のケースは、同居の法定相続人が被相続人の財産をカード出金していたということで、世間でよくあるケースです。

実は、当事務所が扱うケースのほとんどが、このような案件です。

【証明する責任は誰にあるのか?】

死んだ母の口座から生前に出金されていた場合、その出金を兄が取り込んでいたという事案では、取り込んだという点の証明はあなたがする必要があります。

具体的には次の2点の証明が必要です。

① 母の口座から出金があること。

② その金を兄が取り込んだということ。

上記の①は取引履歴を取れば簡単に証明できます。 問題となるのは②の証明ですが、今回の質問では、兄がカード出金をしたことを認めています。

役所で相談された弁護士が、証明責任はあなたにある言ったことは正しいです。

しかし、兄が自分がカード出金をしたことを認め、しかも母の口座に、カード出金した金銭の入金がないというのであれば、兄が勝手にその金銭を使ったのではないかと考えるのが妥当な結論です。

そこまで行けば、兄が取り込んだという証明、100%ではないにしても、かなりの程度できていると思われます。

このようなときには、今度は兄が、出金額は母に渡した、あるいは母のために使用したということを証明する必要があります。

【証明責任は天秤のようなもの】

裁判における主張や証明責任は上皿天秤のようなもので、ある程度、あなたが証明し、それが事実らしいということになると、今度は兄の方が反証(あるいは反論)することが必要になります。

兄は母に渡したというのであれば、その点の証明は原則として兄がする必要があります。

あなたの方が、母が受け取っていない事実まで証明する必要はありません。

【カード出金をした理由はどうしてか?】

観点を変えて説明します。

兄は母に依頼されてカード出金をしたのなら、母から委任を受けて出金をしたのであり、母にその出金額を返還する義務があります。

その義務を履行したかどうかは、当然、義務者の兄がするべきものであり、証明責任はあなたではなく、兄が負うという結論になります。

【裁判の見通しについて】

役所で相談した弁護士は、裁判での返還は無理に近い、ほとんどの裁判で被相続人に渡したといって逃げることができるという判断ということですが、私とは見解が異なります。

冒頭に述べたように、当事務所が中心に扱う相続案件は、このような生前の取り込み分がある場合がほとんどです。

被害者の立場で、どんどん訴訟を起こしていますし、依頼者の人にそれなりに満足のいく成果を上げています。

もちろん、裁判になれば、兄の方からは、いろんな隠された事実を言い出し、また、新しい主張をしてくるでしょう。

裁判のことですので、絶対に勝訴するというような断言はできませんが、最悪の場合でも和解という解決方法で取り込んだ金銭の一部でも返還させることも可能の場合が多いです。

【弁護士に相談することをお勧めします】

この相談はあくまで質問者の方がお書きになった事実の限度で、回答をしています。

弁護士としてはより詳しい事実を知り、正確な判断をしたい案件です。

何が問題で、今後、どのような対応をしていいのか、その回答を得るために、是非、相続に詳しい弁護士に相談されるといいでしょう。

One thought on “使途不明金問題の被告の反論について【Q&A №629】”

  1. この度、無料相談ブログへご相談させて頂きましたフルホビ申します。
    本日、ご回答とご掲載を頂きましてありがとうございました。
    とても丁寧に詳しくご回答頂き、大変参考になりました。同時に色々と悩んでいる部分が大分少なくなり、心が軽くなりました。
    相続問題に特化されていらっしゃり、私の相談のような使途不明金問題を多く手掛けていらっしゃる御事務所の弁護士の先生の御回答は、相談者として知りたい部分(法律的な事だけでなく、裁判の進行や、相手によくある反論など)を細かくご説明くださり、ご相談させて頂いて本当に良かったと思っております。
    これからも御事務所のご活躍をお祈りするとともに、御礼を申し上げたくメールを送らせて頂きました。
    改めまして、この度は本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ