大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

遺言書で遺贈を記した銀行口座について【Q&A №638】 0638

 

【質問の要旨】

遺贈された口座にお金を移した場合

記載内容  預金口座 遺贈 不正出金 

【ご質問内容】

被相続人Aが、遺言書で相続人Bに遺贈を記したA名義の銀行口座があります。 Aが生前中に、Bが当該口座にA名義のの別口座からお金を移していた口座記録が有ります。 (Aが逝去後、遺贈を受ける銀行口座の相続金額を増やそうとしていたと推定されます) このような場合は、他の相続人がBの不法行為として損害賠償請求するのは可能でしょうか? ご教示お願い致します。

(天の声)

 ※敬称略とさせていただきます。

【不法行為は成立しない可能性が高い】

不法行為は損害を受けた時に、その被害者が加害者に損害の賠償を求めるものです。

今回の、被相続人Aの口座間の金銭の移動の場合について考えます。

この場合、被害者がAだとすると、Aは、自分の口座間で財産の移動があったことは間違いないのですが、それだけで、金銭的な損害を受けていません。

そのため、損害がなく、不法行為にはならない可能性が高いでしょう。

次に、他の相続人(例えば、あなた)の立場に立てば、Bの行為であなたがもらう額は減少するかもしれません。

しかし、その行為の時点では、あなたは将来、相続を受ける立場(推定相続人)ではあっても、未だ、具体的な相続権は発生しておらず、損害はないといわざるをえません。

そのため、あなたに対する不法行為も成立はしないと判断されます。

 

【あなたはどういう方針で対処するべきか】

あなたがこの問題に関与できるのは、Aが死亡した後です。

その時点では、あなたは相続人になっていますし、Bの行為によりあなたのもらう額が減額されているとしましょう。

このような場合のあなたの対処方針ですが、《Bのした口座間移動はAの意思に基づかないものであり、無効である》という点で、Bを攻めるといいでしょう。

口座間移動が無効とした場合、Bはその口座間移動で移った増額分を取得できないはずです。

その法的構成をどうするかは、やや難しい面があるので、相続に詳しい弁護士に相談するといいでしょう。

ただ、口座間の金銭の移動の手続きをBがしたという証拠も必要です。

口座の送金の依頼書がBの筆跡なのか、また、その際、BがAの意思に反してそのような行動をしたという証拠があるのか、それらもきっちりと押さえておくといいでしょう。

いずれにせよ、弁護士に相談され、法的構成、立証方法等を綿密に協議されるがいい案件だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


あなたは

番目の来場者です

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ